人間劇場とは

反常識的なもの、よけいなもの、風変わりなもの、猥雑なものへの賛歌

ようこそ、人間劇場へ。

当サイトが扱う主題は、ずばり「人間」です。

とはいっても、このサイトのコンテンツには、立派な人の話、健全な人の話、格調高い批評、あるいは美しい動画や画像はあまり出てきません。

というわけで、ご自分を「正しく真っ当な人間」だと思われている方にとっては、不愉快千万なテキストや動画、画像だらけなのかもしれません。

ご容赦ください。

私どものコンセプトは、人間の弱さや愚かしさ、劣情や奇妙なものへの偏愛といったものへの全肯定であり、とりわけエロいものには力を入れたいと思います。

カトリックでは人間の七つの罪、すなわち「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」を固く戒めていますが、そんな戒めは『人間劇場』にとって「屁のツッパリ」にもなりません。あっ、品のない表現で申し訳ありません。

当サイトにたどり着かれたのも何かのご縁、ともあれ一度覗いてみてください。

close

人間劇場
暗闇の世界

第1回:私は何?

ようこそ「真弓の小屋」へ

私が自分の性癖が人とは違うと気づいたのは小学生の頃でした。

その後、中学生になって「SM」という性のシャンルがある事を知り、自分が求めていたものが世の中にカテゴリーとして存在する事に驚いたものです。

20歳になって初めて調教というものを経験し、現在に至っております。

インターネットを始めて、色々なSMのHPを見て感じた事は、自分が思っていた程、この性のスタイルは異端ではないという事でした。

SM雑誌などでは「作られたSM」も多く掲載されていますがHPというものは利益を上げる必要がない分、本当にリアルな性が描かれています。

私も自分の性を赤裸々に綴ってみたいと思い、数年前にこのHPを作りました。

最初はどうなるかと思いましたが、普段異常なまでにシャイな自分が活字を叩き出すと、まるで別人のように雄弁に自分を語り始めたのです。

このHPを通じて色んな方々に助けられながら、私自身も成長できました。

これからも頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

 

<プロフィール>

名前:真弓

性別:女

年齢:30代になってしまった……

M歴:16年

住所:関西圏

ピアス:全身に計6箇所

性格:真面目・ひたむき

職業:専業奴隷

趣味:被虐・引きこもり

 

(追伸 2007年7月)

私のSМ人生の第三期にようやく入ります。

第一期はSМを覚えてのめりこんだ20代前半。

第二期は専属奴隷としてSMの深みに入った20代後半。

そして第三期は家畜として飼育され、新しい自分に生まれ変わる事。

3年ほど野良犬としてA夫妻にお世話になりました。

有難うございました。この場を借りてお礼させて頂きます。

また新しい飼い主様との出会いの偶然には性の宿命を感じながら、新しい奴隷契約書に血判いたしました。

今年に入ってから、監禁調教に向けて、色々な準備を進めてきました。

場所の確保と改装、設備の設置、生活ルールの決定、奴隷契約書の作成、ピアスの追加、脱毛処理、仕事と生活の整理などなど……。

ようやく全てが整い、私は私の理想郷に入信しました。

 

(追伸 2010年12月)

あれから2年以上が過ぎました。

正直、HPがあると、色々な誹謗中傷に巻き込まれます。一度は消し去った私の生き様の記録。もう綴り続ける気力はないけれども、残す価値があると仰って頂けるならせめて残像として残しておくことにしました。

 

他の連載

第9回:拘束されたい女

真弓 (まゆみ)

第8回:加工場にて

真弓 (まゆみ)

第7回:A夫妻の調教

真弓 (まゆみ)

コメントを書き込む