人間劇場とは

反常識的なもの、よけいなもの、風変わりなもの、猥雑なものへの賛歌

ようこそ、人間劇場へ。

当サイトが扱う主題は、ずばり「人間」です。

とはいっても、このサイトのコンテンツには、立派な人の話、健全な人の話、格調高い批評、あるいは美しい動画や画像はあまり出てきません。

というわけで、ご自分を「正しく真っ当な人間」だと思われている方にとっては、不愉快千万なテキストや動画、画像だらけなのかもしれません。

ご容赦ください。

私どものコンセプトは、人間の弱さや愚かしさ、劣情や奇妙なものへの偏愛といったものへの全肯定であり、とりわけエロいものには力を入れたいと思います。

カトリックでは人間の七つの罪、すなわち「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憤怒」、「怠惰」、「傲慢」、「嫉妬」を固く戒めていますが、そんな戒めは『人間劇場』にとって「屁のツッパリ」にもなりません。あっ、品のない表現で申し訳ありません。

当サイトにたどり着かれたのも何かのご縁、ともあれ一度覗いてみてください。

close

人間劇場
アラキ町物語

第4回:タイへ 2

☆読者の皆様へ☆
突然ではありますが、ここで話を現在(平成十八年暮れ)に飛ばさせてもらいます。ワタシは記憶力の無さにおいては、人後に落ちない自信があるのですが、当連載においてもそれが遺憾なく発揮されてしまった為、話の内容を若干訂正せざるを得なくなったのです。
ワタシが某スポーツ雑誌編集長の内田さんから、タイ旅行の誘いを受け、行こうと決断したのが昭和六十三年、ワタシが三十歳ん時つー事になっておりましたが、これは平成元年、三十一歳ん時の間違いであります。
つまり白山のアパートに引っ越して、曙橋の鉄筋事務所通いを始めてから、とっくに一年が経過していたのでした。その間、世の中は揺れ動いてまして、昭和天皇が崩御して元号が平成となり、んでリクルート事件では前会長が逮捕され、ついでに竹下首相も退陣し、中国では天安門事件が起きるという激動ぶりだったのであります。
何となく三十歳になっていたワタシは、その間どうしていたかっつーと、別に何もしていなくて、ヘラヘラと飲み屋へ通い、んでお風俗でイイ気持ちになりながら、相変わらずシコシコと割り付け作業に励んでいた訳です。鼻クソをほじりつつ、過去の資料を読んでいたら突然この事実が判明しましたので、訂正します。

 さて、めでたくパスポートも取得し、チャックを開けっと容量が二倍になる、キャスター付旅行カバンも購入して、タイ旅行の準備が整いました。あとは寝て、出発日を待つだけであります。
飛行機に乗るなんつーのも、子供の頃に北海道へ飛んだ時以来であります。アップダウンクイズで、タラップを上って優勝者を迎えに行く時に、ついテレビの下から覗いてしまった、ミニスカートのスチュワーデスのおネエさん達に会えるのかと思うと、これまたゾクゾクしてきたのでありました。
成田空港からタイのドンムアン空港まで、約6時間半かかるそうです。そんな長時間、機内でジッとしてるなんて、考えただけでもゾッとしてしまいます。エロ本を持って行って、便所で高度1万mのオナニーをしようかと考えてみましたが、そんな時に乱気流に入ったら大変であります。とはいえ、世の中には飛行機ん中で、オナニーをした奴はたくさんいると思います。

 

つーわけで、いよいよタイへ出発であります。うすらでかいカバンを引きずりながら、京成線でなんとか成田空港にたどり着きます。すでに内田編集長はじめ、ツアーに参加する人達が集まりはじめていました。
本日が初対面の方が多くおりますが、皆さん内田さんの知り合いで、タイにハマッてしまった人ばかりだそうです。
ジャズの山下洋輔みたいな顔をした、岐阜でスポーツジムを経営する森さん、興業会社の部長の山村さん、出版社社長の松本さん、同社の西川さん。内田さんを含め、全員シアワセそうな顔をしております。ただワタシだけが初めてなので、若干緊張気味であります。
ミニスカ・スチュワーデスの期待は、見事に裏切られました。我々が乗るのは、インド航空という、とても料金が安い会社の飛行機だったのです。機内もどことなく古びており、便所などすさまじい汚れ方をしておりました。んで問題のスチュワーデスは、なんと各人が勝手な服を着ており、中にはサンダルばきの不良スチュワーデスまでいました。どことなく愛想が悪く、皆さん安い給料でコキ使われて、大変なんだろうなと思いました。
隣の席に座ったスポーツジムの森さんは、タイ語の本を取り出し「ヌン、ソン、サン、シー・・・・」とお勉強を始めています。よりタイを楽しもうという、アクティブな姿勢に頭が下がります。
内田さんは、山村さん達と楽しそうに話し込んでいます。乱気流にブチあたるたびに、数年前の日航機墜落事故を思い出して冷や汗をかいてるうちに、窓の外に街の灯りが見え始めました。高度もだいぶ下がってきたようです。いよいよタイへ到着であります。

 

なんかこう、揚げ物の匂いを含んだモワ~ッとした気怠い空気、つーのがドンムアン空港に降りた時の印象でした。初めて日本へ来っと、なんとなくショウユの香りがするそうなので、国の匂いというヤツかも知れません。
ツアー一行は、空港へ迎えに来た観光バスにドヤドヤと乗り込み、バンコクへと向かいます。夜の高速道路は結構混んでいて、ノーヘルのバイクが器用に車間を走り抜けて行きます。リヤに、大きなローマ字でメーカー名が書かれたピックアップも、やたらと目に付きます。そして、荷台には人がたくさん乗っていたりします。クラクションの音、クルマの黒煙、白煙、騒音。どうやらとんでもない世界に来てしまったようです。車外を眺めていたら、頭がボーッとしてきました
観光バスが到着したのは、市内の東側、スクンビット通りから少し入った所にある、高級ホテルでした。日本円で一泊約五千円ですが、とても広いツインルームで、庭にはプールまで完備していました。
いつもバイク・ツーリングで、テントか国民宿舎、高くても民宿程度しか泊まった事がないワタシとしては、もはや殿様気分であります。ホテルの従業員にはチップをやり、ロビーでは偉そうにふんぞり返りながら、生ジュースをチューチュー吸います。ああ、なんつーシアワセなんでしょう。貧乏人はこうして、徐々にゼイタクになっていくのであります。

 

夜も更けてきた頃、集合の合図がかかりました。あくまでも希望者のみ、こいから夜のバンコクツアーに出かけるのだそうです。もちろん、内田さんの関係者は全員参加であります。どうせ、ホテルにいても仕方ないから、興味半分でワタシも行くことにしました。段取り良く観光バスが迎えに来ていて、またドヤドヤと乗り込み、街へ繰り出しました。
バンコクつー街は、蛍光灯の明かりが多いんだな、なんて感心してるうちに、バスはアヤしいネオン街に入り、ある飲み屋の前にビッと止まりました。レストランでもパブでもない感じの、間口は広いのになんとも薄暗い飲み屋であります。一人では絶対に入れない雰囲気ですが、観光バスが横付けですので、強気で中に入っていきました。
扉を開けたらビックシ仰天であります。暗い店内の正面に大きなガラスが張ってあり、その向こうには、ドレスを着たおネエちゃんが百人くらい、ひな壇の形で座っていたのであります。皆さん我々をジッと見つめております。ワタシはアセリました。
「えーと、えーと、えーとね」なんて言いながら、内田さんはガラスにへばり付いたままウロウロしています。他の人達も、真剣な顔をして女の子を物色中であります。
皆さん指名が終わり、ワタシが最後になりました。あまし迷っているのも恥ずかしいので、適当に、割と小柄で清楚な感じの女の子を頼みました。すでに皆さんは、席に着いて酒を飲んでいます。
なるほど、こいから女の子と一緒に夜を楽しもうつー訳であります。何も解らないまま観光客としてバンコクに来て、んでいきなしタイ人の女の子と、ディープな夜が始まろうとしおりました。現実をよく把握しきれぬまま酒を飲んでいたら、指名した女の子が着替えてやって来ました。よく見ると、まだ十代のあどけない感じの娘で、タラリと冷や汗が流れたのでした。
(続く)

 

他の連載

第9回:拘束されたい女

真弓 (まゆみ)

第8回:加工場にて

真弓 (まゆみ)

第7回:A夫妻の調教

真弓 (まゆみ)

コメントを書き込む